スマホ変更顛末

スマートフォンがなぜ「スマホ」になったのかは分からないですが、携帯電話の潮流はスマートフォン(スマホ)になっています。
昨年安倍総理は「日本の携帯電話料金は高すぎる」と発言、その結果大手キャリアは値下げを発表しました。その後各社の値下げを受け、それほど音声通話を使わないので安いタイプへの契約変更をS社に申し出たのです。
契約変更について説明を受けたのですが、なんとそこにはとんでもない仕掛けが隠されていました。詳細は省略しますが、音声通話の安いタイプを使うとそのかわりデータ通信の限度がアップしてデータ通信料金が増加することにより今より500円ほど高くなるというものです。
201611_1.jpg今まではiPhone5から6を使っており機器買取費用を除き毎月6500円前後の支払いでした。
これで格安スマホへの転換意思が固まりました。

若干不本意ながら機器は「ファーウェイ」。シェア世界三位であるし機能的には問題ないため"シナの"製品になりました。購入はネットで28,000円。もちろんSIMフリーでデュアルSIM、SIMカードを2つ挿入できるというものです。
201611_2.jpg海外へ行ったときに行き先のプリペイドSIMが使えるし国内携帯番号でのローミングも同時に可能になります。奥のSIMは国内用のBIGLOBEのSIM。左は台湾用のプリペイドSIMです。
格安SIMが乱立する昨今ですがBIGLOBEを選択したのは、データ通信速度が最速であることと月3GBまでの契約したときに余った容量は次月に繰り越せること、加えてあまり使わない音声通話料金は従量制ですが30秒で10円、一ヶ月のSIM料金がなんと1,600円だからです。つまりこれまで毎月6,500円かかっていたスマホの料金が「1,600円」になったというこです。

変更後ちょうど二ヶ月が経過しました。
201611_3.jpg二ヶ月間のデータ通信量は1200MB(自宅ではPCで使っている無線LANに接続できるため外出時のみデータ通信料が発生します)、月3GB契約で十分、1GBでも良かったかもしれません。
通話料金(多くは飲み屋の予約・・・)は、LINEの無料電話を使用していますので費用発生はありません。全般的に見て、これまでiPhoneを使用していたときと比べて不都合なことは全くありません。

最近は三大キャリアから格安スマホへ移動するケースが増えているそうですが、だんだん携帯料金の(ぼったくりの)仕組みがわかってきたからでしょう。Facebook、Twitter、Instgram等の定番アプリのほかに特に重宝しているアプリは、道の駅ナビ、温泉天国、タイムズ駐車場、ロケスマ、コスモGSナビです。
  

  • entry18ツイート
  • Google+

PageTop