車中泊

ここ四年近くひとり旅に出ると車中泊がほとんどです。基本的には道の駅で停めることがほとんどですが都市部はコインパーキングも使います。キャンピングカーという選択もありましたが、出かけても月数日、機動性からは当時最適と言われた「NBox+カスタム」を使っています。
MB400茅野市北山桜20170503_07.jpg携行備品はガスコンロ、コップ、飲料水、緊急用携帯トイレ、LEDライト、寝袋、マットレス、枕、毛布、温泉セット等々。

道の駅には温泉がついているところもありますが、途中の日帰り温泉をよく使います。
夕食を済ませて夜9時ころには駐車場に着くようにしてベッドメイキング。助手席側のシートと後部座席を倒しすとほぼフラットな状態になります。多少の凸凹はマットレスにスポンジを入れて平になるように加工しました。

MB400IMG_20161223_093101.jpg窓枠に合わせて作ったシートをはめ込み遮光しています。
多少の光漏れは許容範囲、道の駅などの強い照明が入らないようにすれば快適な寝室がつくられます。
夏用、冬用の寝袋(さらに寒ければ毛布使用)を使えば問題なく眠れます。

駐車する上で辛いのは車の騒音と雨の音。できるだけ音から離れられトイレに近い場所、一方安全性の点から車中泊仲間から離れないようにします。さらに日の出の方向と車の位置を考慮に入れて確保するのが大事になってきます。
朝は5時から6時には起床・洗面をしてから出発。朝食は途中の牛丼屋さん。
そんな旅もスマホのおかげで道の駅、温泉、パーキング、食事場所などすぐに検索が可能となり便利な世の中になったものです。                                                     

MB400IMG_20170422_050116.jpg

サクラ・櫻・さくら

三月下旬から四月上旬にかけてサクラの話題が全国を駆け巡り、春本番を告げる役割を果たします。話題・関心の対象としては他の植物を圧倒するのがサクラです。

MB400恩田川20170405_03.jpg毎年、開花予報からはじまり開花宣言、咲き始め、三分咲き、五分咲き、七分咲き、満開、散り始めなどと刻一刻とメディアによって報道されるのは世界から見ても珍しいそうです。

それだけ日本人にとって特別な地位を占める花がサクラなのです。古くから桜はぱっと咲きさっと散る姿は、はかない人生を投影する対象でもあります。

また開花のタイミングが合えば入学式を演出する春の花として多くの学校にも植えられています。人生の転機を彩る花とも言えるでしょう。


今年の東京における開花宣言は3月23日でしたが、標本木とのズレが大きく全体的には遅かったようです。

MB400恩田川20170405_11.jpgMB400モアクレ20170401_2.jpg近所のお花見場所はいくつかありますが、町田市恩田川沿いの遊歩道が一番人気でしょう。
今年もたくさんの人で賑わっています。1.5Kmくらいにわたって川の両側がサクラ並木になっています。
ただ座って眺めるような場所が少ないのが難点です。        



4月6日~7日が満開です。

恩田川桜まつりはタイミングがずれてしまったことから既に終わってしまったようです。






  • entry31ツイート
  • Google+