サクラ・櫻・さくら

三月下旬から四月上旬にかけてサクラの話題が全国を駆け巡り、春本番を告げる役割を果たします。話題・関心の対象としては他の植物を圧倒するのがサクラです。

MB400恩田川20170405_03.jpg毎年、開花予報からはじまり開花宣言、咲き始め、三分咲き、五分咲き、七分咲き、満開、散り始めなどと刻一刻とメディアによって報道されるのは世界から見ても珍しいそうです。

それだけ日本人にとって特別な地位を占める花がサクラなのです。古くから桜はぱっと咲きさっと散る姿は、はかない人生を投影する対象でもあります。

また開花のタイミングが合えば入学式を演出する春の花として多くの学校にも植えられています。人生の転機を彩る花とも言えるでしょう。


今年の東京における開花宣言は3月23日でしたが、標本木とのズレが大きく全体的には遅かったようです。

MB400恩田川20170405_11.jpgMB400モアクレ20170401_2.jpg近所のお花見場所はいくつかありますが、町田市恩田川沿いの遊歩道が一番人気でしょう。
今年もたくさんの人で賑わっています。1.5Kmくらいにわたって川の両側がサクラ並木になっています。
ただ座って眺めるような場所が少ないのが難点です。        



4月6日~7日が満開です。

恩田川桜まつりはタイミングがずれてしまったことから既に終わってしまったようです。






  • entry31ツイート
  • Google+

PageTop