紅葉散策

s-400_2018-11-14 10.58.40-2.jpg昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として、現在及び将来を担う国民が自然的環境の中で健全な心身を育み、英知を養う場とするために、戦後米軍が旧立川飛行場を接収した立川市と昭島市の両市にまたがる立川基地跡地のうち、180haを記念公園として建設された「国営昭和記念公園」は四季の花々やレインボープールや子供の森、日本庭園、砂川口、盆栽苑等の施設が整備されており老若男女問わず楽しめる公園です。
いまはちょうど紅葉に木々が鮮やかに染まり目を楽しませてくれます。総面積 165.3 ha の広大な敷地はそう簡単に散策はできません。数回通いやっとくまなく回るという広さです。
車で一時間なのでときどき散策に出かけてみようかなと思っています。

  s-250_2018-11-14 11.48.53.jpg   s-250_2018-11-14 11.34.20.jpg 


  s-250_2018-11-14 12.26.34.jpg   s-250_2018-11-14 11.17.32.jpg

Canon EOS R with RF24-105mm F4L IS USM (2018.11.14)


秋山郷(新潟県)

s-_新潟201811sp_02.jpg
江戸時代のベストセラー「北越雪譜」を残したルポライター(?)鈴木牧之は秋山郷を歩き絶賛し紀行文を残しています。ちょうど秋の鮮やかな時季にほんのさわりを歩いてみました。
「北越雪譜」は簡単に表現すれば北越雪の時季に辛くて生活が大変だということをわかってください・・・というルポを綴ったものです。

s-_新潟201811sp_01.jpg

顕微鏡でみた雪の結晶の姿を牧之が紹介しています。もともとは天保年間に残されたもののようです。
凍るとき、溶ける過程のなかでいろいろな姿を見せる六角形の「雪」を描いたものです。
新潟では早くて九月下旬から四月まで雪が降ります。つまり年四か月しか穏やかな生活ができない、あとは必死に生きているのでしょう。
そんなルポが「北越雪譜」。現代語訳や解説本、はたまた海外でも訳本が数多く出ています。

そんな牧之が歩いた秋山記行で出てくる秋山郷は、地名の通り秋の山々は色鮮やかになります。

ほんのさわりだけしか今回は歩いてないのですが、機会あれば全体の散策をしてみたいと思う場所になりました。

s-_m_新潟201811eos_08.jpg

s-_m_新潟201811eos_05.jpg

s-_m_新潟201811eos_07.jpg

s-_新潟201811eos_36.jpg

s-_m_新潟201811eos_04.jpg

EOS Kiss X7i with EF-S18-55mmF3.5-5.6 IS STM 2018.11.4


  • entry65ツイート
  • Google+