2016年03月26日

●池上一郎博士文庫感謝状受賞

%E6%96%87%E5%BA%AB.jpg
台湾南部屏東県竹田郷にある「池上一郎博士文庫」は、2016年3月23日公益財団法人交流協会高雄事務所より感謝状が贈呈されました。長年にわたる日本書籍文庫を通した日台の相互理解、友好親善、日本文化の紹介等の活動を行ってきたことに対し高雄事務所長から贈られたものです。贈呈式は3月23日高雄漢来大飯店において行われ、日頃の運営管理にご尽力されてきた代表の劉耀祖氏、館長の曾貴珍女史、張達銘氏、王陽宗氏、張海華氏、周俊男氏、張月環女史の方々が参加されました。

文庫は、2001年1月16日に設立されたもので、今年15年を迎えました。池上一郎氏(1911-2001年)は、日本統治下竹田村の病院に勤務、戦後は日本において台湾からの留学生を支援するとともに、第二のふるさとである竹田に書籍や奨学金寄付を行いました。地域住民からは大変尊敬され、文庫は台湾政府文建会によって竹田駅公園として整備されるなか現在文庫代表である劉耀祖氏と多くの方の協力のもとに設立されたものです。
文庫には、池上一郎氏をはじめ日本国内、台湾在住の日本人及び地方有志から寄贈された一万冊を超える書籍を所蔵し、”亜細亜最南端の日文図書館”として竹田郷民を中心に多くの方に愛読されています。
今後も日本語を学ぶ多くの若者に活用してほしい施設です。

池上一郎博士文庫紹介ホームページ


台湾協会報・第739号(2016.4.15)

bunkonews001.jpg

2016年02月17日

●台湾台東に鹿野神社復活

s-photobyAE201601_1.jpg

台湾南部の台東近くの鹿野に、84年前の神社、「鹿野神社」が復活しました。
日本占領時代、日本の新潟県や長野県の人たちがここに移り住みサトウキビの栽培に携わったところで、ここに住む日本の人たちのお祭りや婚礼が行われていたそうです。しかし戦後は解体されて基礎部分が残るのみとなっていました。

鹿野駅からバスで行かれますが、一時間に一本程度しかなく歩いた方が早いこともあるかもしれません。台湾好行のバスも台東からのルートでありますが一日五、六本程度しかありません。駅前には200元で行ってくれるタクシーもあります。

鹿野駅正面の道を少し行くとバス通りがありますので左に曲がって緩やかな上り坂大通りを20分程度道なりに歩くと、「阿度の店(貸し自転車店)」があります。その先5分くらいのところにある「崙慈堂 ( lun ci tang)」の裏手に鹿野神社はあります。
時間に余裕があれば自転車を借りて周辺を散策してもいいかもしれません。

鹿野神社 鹿野郷光栄路308号

s-photobyAE201601_2.jpg

2015年06月18日

●予告: 池上一郎博士文庫15周年慶

池上一郎博士文庫が開設され15年。
節目の15周年慶の集まりが2016年1月16日に行われます。
ぜひ多くの方がご参加いただけるようお願いします。

また、今後の文庫が台湾の若い方の財産になっていけば池上一郎博士もお喜びになられるはず。
若い方のご参加も期待したいです。

参考サイト: 池上一郎文庫と竹田驛

2015年02月11日

●※再開※

しばらく休止していましたが少しずつ再開いたします。
しかし多くの情報がネット上に流通していますので最小限のアップになると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

2012年11月10日

●高砂義勇隊慰霊碑

201210Takasago.jpg

「高砂義勇隊慰霊碑」は1992年建立され本ブログでも記したが、その後、台湾の国会議員で問題ばかり起こし、靖国神社で毎年暴れてる下品な高金素梅により撤去されてしまった。
しかし、最近になって新たな場所に設置された。
烏来中心街から歩いて一時間弱の瀑布公園内「主題記念区」。
現在(2012年10月)は、トロッコ列車は無期限運行停止中だが、トロッコ列車に乗れば20分以上は時間短縮となる。
晴れた日であれば素敵なハイキングにもなるところ。
ぜひ多くの方に訪れてほしいところだ。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages