« 八田晃夫氏ご逝去 | メイン | 八田技師記念碑の除幕式 »

2006年05月25日

●八田技師生誕120年 -2

今年は技師生誕120年にあたる。
今年も八田技師の命日である5月8日に、台湾南部の都市台南市からバスで一時間の烏山頭水庫(ダム)の畔で墓前祭が行なわれた。(昨年は筆者も参加し拙ブログで報告

参列者は八田技師の故郷である金沢の「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」のメンバーに八田氏を追悼するために渡台してきた日本人、台湾在住の日本人に台湾人を加え200人余りとなった。

その様子は大陸系も含む台湾各紙で大きく取り上げられた。日本国内では、連載記事を含めて八田技師の地元の「北国新聞」で報道された。
「北国新聞」の記事では、墓前祭に加えて奇美グループを率いる許文龍氏訪問、台北日本人学校訪問も紹介している。
以下見出しのみ記載しておく。

・八田技師生誕120年ダムの恩人偉業たたえ墓前祭に住民200人

・「戦前の偉人正当評価を」八田技師夫妻友好の会と交款
~実業家許氏が強調、バイオリンで軍艦マーチも

・「舞台劇、協力したい」雲林農田水利会を表敬

・受け継がれる技師の足跡 ~ 「八田夫妻友好の会」台湾訪問

・政争離れ功績顕著 ~ 反日的大陸系新聞も報道

・異郷で郷里の先人知る ~ 娘からの「ひと言」がきっけ

・絆を深める第一歩に 長男晃夫さん「台湾が故郷」


「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」の一行は11日に帰国した。
ご長男の八田晃夫氏(85)も今回が最後の渡台になることを知っていたようだ。10日後の5月20日安らかに永眠となった。

異国で活躍した日本がいたことを、多くの日本人に知って欲しいものだ。

なお八田技師について数年前にホームページにまとめたもの があるので、併せて参照頂ければ嬉しい。

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバックURL (スパム防止のため、ブログオーナー承認後の表示となります)

このエントリーのトラックバックURL:

トラックバック

» [読者の声]八田與一墓前祭に参列して [三重 服部香苗]【メルマガ日台共栄:第766号】・gの意 from 日本愛国者
gの意見 ?  ・・・中国は友達 ? ? >>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━... [Read More]

コメント

おはようございます。
八田氏のご逝去は誠に残念でしたが、今後も日台友好を草の根から進めたいと考えています。
当地は台湾からの観光客も多く、小松(金沢)-台北の定期便化を検討している状況です。
まあ、色々な事情も絡んできてすんなりとは進まないでしょうが頑張りたいと思います。
行政やお役人はシナの方ばかり向いていますからねえ・・・
李登輝氏が来られた時も
知事や市長など誰も出迎えなかったのですよ。
外務省?あたりからお達しがあったらしいですが、困ったもんです。

>marichanさん、お世話様でした。
中華、エヴァともに少しずつ路線拡大してきてます。
各都市とダイレクトで飛んでほしいですね。
台北-鳥取線も実現するといいですが・・・・。

月刊WILL7月号にジャーナリスト諏訪澄氏による八田氏の記事があります。
諏訪氏は台北で我々と合流し記念行事が終わった後台南から帰京されました。
記事の内容は貴ブログと変わりがないのですがお知らせまで。

尚、墓前祭には我々一行のほかに日本人グループがいくつか見受けられました。
私の近くにいたグループ(3名)とお話しましたが、名古屋から来た土木関係の人たちで、日本人の海外における工事の内容を調べているが墓前祭にあわせて来たとの事でした
他にも夫婦連れなど見受けられましたが、お話しする機会がありませんでした。
ですから、我々グループ47名の他に合わせると70名くらいの日本人の参加があったと思っています。

>marichanさん、 月刊WILL、後で購入してみます。もっとも雑誌での紹介も今までほとんどなかったのでかなりの前進です。とにかく知名度を高めないといけません。^_^;
テレサテンの墓前祭も同日なのですが、台北でなく南の八田墓前祭に引っ張りたいですね。

ご無沙汰いたしております。
「八田技師生誕120年記念事業」のご案内
○八田與一技師生誕地碑建立除幕式
  日時  平成18年11月5日 (日)午前10時
  場所  金沢市今町ル1番地  八田守氏宅・前庭
○生誕120年八田與一展 (主催・金沢市立ふるさと偉人館)
  平成18年10月26日(木)~19年2月21日(水)
  会場  金沢市立ふるさと偉人館(金沢市下本多町6-18-4
○ 八田與一講演会(第一回)
  日時  平成18年11月4日 (土)午後1時
  会場  金沢市ふるさと偉人館ホール
  講師 徐 金錫先生 (嘉南農田水利会会長)
      高橋 裕先生 (東京大学名誉教授)
  二回目は11月25日(土)午後1時30分から
  「台湾を愛した日本人 八田與一の生涯」著者 古川勝三  先生 
  三回目、四回目 会期中に開催。
                       以上
  いずれかの日にご参加戴ければ幸甚に存じます。
  

>marichanさん、 情報ありがとうございます。
平成18年10月26日(木)~19年2月21日(水)の期間中に行ってみたいと思います。
楽しみです。

11/4,5は国内不在となりますので行かれません。(T_T)

暫くでした。
本日、「八田與一技師生誕地碑建立除幕式」に参加してまいりました。
地元金沢、山出市長はじめ有志多数参加され地元民、小学生など大盛況でした。
台湾からは水利会会長、許夫妻ご一行をお迎えし、
何より嬉しいのは台湾を代表する「許世諧」先生もご来賓頂き、丁重なるお言葉に加え日台の未来に向けてご講演されたことです。
写真も沢山撮影しましたので、よろしければメールでお送り致します。
また、報道陣も多数詰掛けておりましたので明日の新聞が楽しみです。

>marichanさん、ありがとうございます。今日香港から帰国しました。
「声」にも報告されておられましたね。
お時間があるときにでも二三枚代表的な写真お送りいただけると嬉しいです。
こちらにアップしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

コメントする

(コメントはスパムコメント防止のため、ブログオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)