« 八田技師記念碑の除幕式 | メイン | 竹島の日 »

2007年01月22日

●池上一郎博士文庫六週年(2007/1/16)

070116-1.jpg 

今年も池上一郎博士文庫週(周)年紀念祭が氏の誕生日にあわせ、台湾・屏東縣竹田驛園で開かれた。
今年は設立六年。

看板がもうひとつ増えた。
研究学会としての団体として認可されたらからだ。
文化交流の基盤として文庫が発展できるチャンスも増えた。

070116-2.jpg理事長には劉耀祖代表が就任(写真右)。
元英語教師である劉氏の誠実さと館長の曾貴珍女史(写真下)の人柄に魅せられる図書館だ。

幸い蔵書も増加、文庫の収容能力の関係で日本から送る書籍も現在ストップしている。

増築も検討課題となっている。

070116-3.jpg
式典は例年通り「新年の歌」を合唱してのスタートとなった。

今回の司会は高雄在住の日本人N小姐。台湾人と結婚し現在高雄の大学で勉強中、しかも剣道四段の才女。式典前の剣道のデモンストレーションでは審判役も務めた。

書籍送付窓口として活躍されている東京大学S先生のご挨拶、筆者の祝辞、参加者のご挨拶が続き、文庫前の庭園で記念写真撮影、そして台湾南部の客家料理の昼食会と和やかに会が進められた。

一年ぶりの再会を互いに喜び合う同窓会のような会合だ。
次世代につなぐべき若い世代の方も大阪、静岡から参加、台湾在住の日本人も台北や高雄から多数が参加した。

毎年1月16日に行われていた会合は、理事会での提案により来年からは直前の土曜日開催にして参加者を増やすことになり、研究学会として新しいスタートとなりそうだ。

来年2008年1月12日(土)の再会を約束して、三々五々の解散となった。

070116-4.jpg


文庫に関するお問い合わせはこちらからどうぞお願いします。また、文庫全般いついてはホームページ「ILoveASIA・池上一郎博士文庫」をご参照ください。


このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバックURL (スパム防止のため、ブログオーナー承認後の表示となります)

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

昨年5月台南に宿泊した折、ハイヤーで屏東へ行きました。
(連れの友人が終戦まで居住していた)
住居跡はビルになっていて隣は女学校、お向かいの公園は覚えがあるとの事。
記念碑など日本に関するものは総て壊されていましたが公園内で唯一「屏東消防団」の碑が残されていて、なんと大叔父の名前が団長として石碑に残っていました。
連れは随分喜んでおりました。
地図を見ましたが「竹田」は近いですね。
今年も台湾へ行く予定ですので、時間を見つけて文庫へ行って見たいと思います。

> marichan さん、ようこそです。懐かしい思いだったでしょうね。
ピントンから竹田は近いです。次回機会あればおよりください。あらかじめお知らせいただければ手紙で連絡しておきますよ。きっとたくさんの日本語世代の方が集まってくださるでしょう。

本年の「墓前祭」の日程が決まりました。
5月6日~10日 4泊5日です。
今回は台北より往復新幹線を使います。
日程が短く、台南で一泊ですが時間が取れそうも無く池上文庫へ行くのは無理かと思われます。
4日目に李登輝先生表敬訪問します。楽しみです。
edaさん都合がつけばご一緒しませんか?

> marichan さん、墓前祭は6日ではなくなったんでしょうか?それともAMに台北空港についてそのまま新幹線で台南へいき烏山頭入りなんでしょうか。
初日が猛烈にタイトな感じですね。

5月は下旬に台湾へ行く用事があるので今年の墓前祭はパスです。(^^♪
GWの直後に休暇をとるのはサラリーマンにとってちょいと厳しいですね・・・・ ^_^;

6日 午前 名古屋→台北→台南 (泊)
7日 水利会~奇美など訪問 烏山頭(泊)
8日 墓前祭他  →台北 (泊)
9日 台北 午後 李先生訪問他 台北’泊)
10日 日本人学校他 →名古屋
今、自宅なので(資料は事務所)簡単にレスします。
以上が大体のスケジュールです。

台湾へ行くとなぜかほっとします。
子供が母に抱かれて眠るような気持ちといいますか・・・・
私の母は96歳で毎日日経と文春を読んでいます。
まさか今更一緒には寝ませんが。。。。

> marichan さん、墓前祭の日程を勘違いしていました。8日でしたよね。(^^♪

すばらしいツアー日程、魅力的です。

コメントする

(コメントはスパムコメント防止のため、ブログオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)