« 台湾台東に鹿野神社復活 | メイン

2016年03月26日

●池上一郎博士文庫感謝状受賞

%E6%96%87%E5%BA%AB.jpg
台湾南部屏東県竹田郷にある「池上一郎博士文庫」は、2016年3月23日公益財団法人交流協会高雄事務所より感謝状が贈呈されました。長年にわたる日本書籍文庫を通した日台の相互理解、友好親善、日本文化の紹介等の活動を行ってきたことに対し高雄事務所長から贈られたものです。贈呈式は3月23日高雄漢来大飯店において行われ、日頃の運営管理にご尽力されてきた代表の劉耀祖氏、館長の曾貴珍女史、張達銘氏、王陽宗氏、張海華氏、周俊男氏、張月環女史の方々が参加されました。

文庫は、2001年1月16日に設立されたもので、今年15年を迎えました。池上一郎氏(1911-2001年)は、日本統治下竹田村の病院に勤務、戦後は日本において台湾からの留学生を支援するとともに、第二のふるさとである竹田に書籍や奨学金寄付を行いました。地域住民からは大変尊敬され、文庫は台湾政府文建会によって竹田駅公園として整備されるなか現在文庫代表である劉耀祖氏と多くの方の協力のもとに設立されたものです。
文庫には、池上一郎氏をはじめ日本国内、台湾在住の日本人及び地方有志から寄贈された一万冊を超える書籍を所蔵し、”亜細亜最南端の日文図書館”として竹田郷民を中心に多くの方に愛読されています。
今後も日本語を学ぶ多くの若者に活用してほしい施設です。

池上一郎博士文庫紹介ホームページ


台湾協会報・第739号(2016.4.15)

bunkonews001.jpg

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバックURL (スパム防止のため、ブログオーナー承認後の表示となります)

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする

(コメントはスパムコメント防止のため、ブログオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)