2006年04月16日

●中国茶

chinese_tea1.jpg

chinese_tea2.jpgが人気である。都会にも専門店が増え、ネット通販も一気に増加している。
台湾では1980年代から「茶藝舘」が増えはじめ、優雅なときをお茶で楽しむことができるようになってきた。
中国の工芸茶として人気の「七仙女」を大阪の中国茶館「ゆるり」のオーナーからいただいた。

ジャスミンの花を七人の仙女に見立てた美しい工芸茶。お湯をたっぷり含んだジャスミンが、ふっくらとほどけてゆく様子は、たおやかに天空を舞う仙女のように優雅なパフォーマンスを見せてくれる。そしてジャスミンのほのかな香りと甘さが口いっぱいに広がる。

中国茶の種類はたくさんあり、高級なものは日本茶の比ではない価格がつけられる。
いろいろ楽しめるのがアジアのお茶だ。

             

2004年12月30日

●コンスタンティノープル

turkey1.jpg turkey2.jpg

「コンスタンティノープルの陥落」 塩野七生著(新潮社)
ぼくは、この本を読んだとたんイスタンブールに行きたくなった。一ヵ月後ぼくは成田からのトルコ航空機内にいた。


turkey3.gifルメリ・ヒサール ボスポラス海峡を挟み、ヨーロッパ側の要塞「ルメリ・ヒサール」は、コンスタンティノープル陥落の前年、1452 年に築かれたものである。
それまで1000年にわたって栄えたビザンチ ン帝国の首都コンスタンティノープル終焉の現場だ。

ほぼ丸一日、この要塞で過ごしたが 訪れる観光客はほとんどいなかった。ボスポラス海峡クルーズで、船から眺めるのが定番のようだ。
冬にしては珍しく晴れ渡った日、「コンスタンティノープルの陥落」で展開された この海峡を舞台に繰り広げられた壮絶な戦いを、しみじみと思い浮かべた一日であった。