2012年10月30日

●台湾で神様になった日本人

台南・鎮安堂飛虎将軍廟  杉浦茂峰少尉


201210_hiko1.jpg


詳しくはこちら


201210_hiko2.jpg


台南駅正面出口からロータリー右正面から「3番バス」で25分(20-30分毎)。台南市街からは文賢路、海佃路一段、海佃路二段(17甲号線)を北上する。市街中心地から8kmほどのところにある「同安路口」で下車し、同安路を400mほどいったところの大安街との交差点の北西角(左手奥側)が「飛虎将軍鎮安堂」。




          ◇           ◇






屏東縣枋寮・東龍宮   田中綱常将軍


201210_tanaka1.jpg


詳しくはこちら


201210_tanaka2.jpg


南廻線枋寮駅下車、徒歩10分(橋徳国小前)
駅前すぐの僑徳路を左方向へ道なりに10分。




          ◇           ◇ 




嘉義縣東石鄉副瀨村・ 富安宮   義愛公(森川清次郎)


201210_morikawa1.jpg


詳しくはこちら


201210_morikawa2.jpg


高鐵嘉義駅前一般バス停留所から朴子行きバスで15分朴子のりかえ(台鐵嘉義駅からは20分毎にあり)。朴子から港乾暦(港だけ日本字ですがあと2字は似たような字)行きのバスで15分の「副瀬」下車。徒歩3分。




※公共交通機関の詳細をお知りになりたいかたはこちらからどうぞ





2012年01月20日

●池上一郎博士文庫11周年慶

20120115.jpg
今年も池上一郎博士文庫周年慶が1月15日行われた。
11周年である。
前日総統選挙等が行われたこともあり、参加者の多くは蔡英文氏敗退を悔しがっていたのが印象的。
例年に比べやや参加者が少ない。
高齢の参加者が多いが、皆さんとってもお元気。一年ぶりの再会をそれぞれ祝しあった三時間だった。

来年は1月12日(土)の予定

2011年05月23日

●交流記念碑 建立への想い

台湾、基隆にある小さな島、和平島。
その一角にある慰霊堂には約三千人の琉球ウミンチュ(海人)が大切に埋骨されていると言われている。今この時も、海の守り神と共に祭られ、地元ボランティアの皆様が、献花や焼香、施設の清掃などの管理を続けている。
そんな過去の日本と台湾の民間交流のシンボル「琉球ウミンチュの像(交流記念碑)」を台湾・基隆の和平島につくろうと日台民間協力で進められている。

日清戦争が終結した1895年以降、台湾で日本統治が始まると基隆港の建設や漁業のため沖縄から多くの漁師が移住した。各地に沖縄人集落がつくられ、最大規模で500~600人に達し、地元の漁師にカジキ漁の技術などを伝えたといわれている

発起人のひとりであり友人である許光輝氏は八田與一記念公園開園、八田技師が造った烏山頭水庫の世界遺産登録推進に努力されている。
日本側発起人は沖縄で国際ビジネス会社を経営している石原地江(くにえ)氏
八田記念館開園イベントでお会いしたがアクティブで素敵な方だ、

今年9月完工を目指して建立寄付金の募集を行っている。

多くの方の支援をお願いします。

[趣意書より引用]
なぜこれほどまでに琉球(沖縄)が地元の人々に愛され続けているのか。時代は百年以上も昔、1895年にさかのぼります。
日清戦争の処理として、清国は台湾と周辺諸島を日本へ譲渡しました。
1905年ごろからウミンチュは台湾に渡り、やがて和平島の西南地区に「琉球村」を作ります。その後は沖縄県旧知念村久高島出身の内間長三氏を中心に、当時の先端漁法技術を導入し、基隆海域で漁業を営みました。
1921年ごろになると和平島のウミンチュは500名に達し、地元の長老は当時の様子を「沖縄漁師のお蔭で基隆は栄え、私たちはお互いによい友情関係を保っていた。沖縄漁師の二世と僕らは、兄弟みたいな関係だったよ。」と懐かしげに語ります。
台湾と沖縄の友好関係は、ウミンチュの力によって浸透したと言っても過言ではありません。

雄大な希望と共に大海原を渡り、国際交流のパイオニアとしての気概を持ったウミンチュを称え、互いの歴史文化の接点、共有点としたいのです。お互いが記念像を囲んで経済・文化・学術の交流をすることによって、双方の関係がますます輝かしい発展を遂げると、私たちは信じているのです。

20120114.jpg
11月に完成、堂々と和平島に鎮座している。
2012年1月許光輝氏と共に訪れた。(写真は許氏)


慰霊堂は和平島の西南で、入り口の右側。駅から和平島へ行くバスは「101番」(15元)
uminchu_waheisima.jpg

2011年05月15日

●八田與一記念公園オープン・逝世69年墓前祭

20110508_1.jpg

八田與一記念公園オープン・逝世69年墓前祭が5月8日行われた。一昨年の墓前祭時に八田技師たちの家屋再現が発表され、今年開園に至った。
烏山頭水庫前から八田與一記念公園前の道路には「八田路」の標識が立っていた。
これまでは珊瑚路だったが、八田技師の功績を後世に残す趣旨のもとに道路名が「八田路」と改まった。
海外で日本人の名前が道路に残されたのはトルコの東郷平八郎の名前をとった「トーゴー通り」以来ではないだろうか。

20110508_2.jpg

公園オープニング式典には台湾総統をはじめ日本からも国会議員、石川県から約300名、一般参加者も日本人100名、台湾人1000名が参加。盛り上がった式典だった。

20110508_3.jpg

ダム工事中八田與一一家が住んでいた官舎も復元された。
午後は毎年恒例の墓前祭が水庫脇で行われた。

台湾100年にあたる今年は八田與一技師の業績を称えてのバレー公演も全土で行われている。さらにTVドラマの製作も発表され実現に向けた準備も進められている。
日本ではずっと埋もれていた八田技師の功績が高く評価されて日本人に知ってもらえるようになったことは嬉しいものだ。

ぜひ、台湾を訪れた際は行ってほしいところだ。

2011年01月22日

●池上一郎博士文庫十周年慶

20110116.jpg
1月16日、台湾南部の屏東県竹田郷の「竹田駅園」にある「池上一郎博士文庫」で同文庫設立10 周年、及び池上一郎博士百歳の誕生記念セレモニーが催された。
今回は節目の年であり50名近い日本人を含め160名の参加で賑わった。
池上文庫はアジア最南端の図書館であるとともに台日両国の人たちの交流のプラットホームともなっている。

20110116_0.jpg
文庫前の広場では剣道のデモンストレーションも行われ、10時少しまえから式典が開かれた。来賓挨拶とともに全員での歌唱、二胡演奏が色を添えた。
劉代表からこの十年ご苦労いただいた曾館長のご紹介があり、参加者から苦労を労う拍手があり幕を閉じた。
20110116_1.jpg

文庫前の広場では昼食会。相互の交流が行われ一年ぶりの再会を楽しんだ。

今回はドキュメント映画「台湾人生」のメガホンをとられた酒井充子監督もお越し下さり、映画上映会と質疑応答があり十周年慶最後を飾った。
文庫支援有志で作成した文庫十周年記念日本手拭いが参加者に配られた。

来年も楽しい会での再会を誓い幕を閉じた十周年慶だった

※2012年のイベントは1/14(土)の予定です


20110116_2.jpg

 ↓ 文庫から日本から参加者へのメッセージ
20110116_3.jpg
プレス記事(しばらくするとリンクは無効になる可能性あり)
Radio Taiwan International
聯合新聞網

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages