2010年05月16日

●八田與一技師逝世68年墓前祭

20100508_1.jpg
毎年恒例の八田技師墓前祭が命日の5月8日開催された。
今回は地元水利組合の昼食会にも招かれ多くの方ともお会いできた意義ある墓前祭となった。
前回参加したのは、八田技師のご子息の八田晃夫氏が最期に参加された5年前。今回の参加者は500-600名くらいになるだろうか、これまでにない多くの方々が参加された。もちろん日本からも諸団体のメンバーも駆けつけた。
世界遺産登録推進とあいまって、台湾でも多くの報道がなされた。

八田與一技師逝世68週年追思會在烏山頭水庫
追思八田與一 獻白菊說感謝

台湾では映画化も企画されており楽しみだ。

来年早々には、当時の住まいなども復元されたテーマパークも完成予定だ。
このように日本時代にすばらしい業績を残した日本人がいたことは誇りだ。

20100508_2.jpg

今回は新營から新ルートで烏山頭水庫へでかけた。
バスで六甲まで(25分)行き、そこから徒歩40分。台湾らしい風景を観ながら楽しく歩ける。時間のある方は利用したら面白い。

2010年02月01日

●池上一郎博士文庫九週年

20100201.jpg今年も文庫週年祭には約100名の方々が集った。(リンクは台湾新聞記事のためリンク切れもでる)

毎年来場者には受付で署名をしていただくことになっている。
それも文庫側の希望で毎年日章旗に署名していただく。
今年は日本人参加者から署名拒否者が出た。台湾にある日本人学校の職員だ。
文庫関係者が嘆いたのは言うまでもない。

大変残念なことがあったが、多くの方々が一年ぶりの再会を喜びあい、童謡を歌ったりする輪もあちらこちらでできた。

来年は十週(周)年、日本側も何か企画したいと考えている。

2010年01月04日

●池上一郎博士文庫九週年のご案内

20100116.jpg

2009年03月03日

●池上一郎博士文庫八週年(2009/1/10)

090110.jpg
今年も池上一郎博士文庫週(周)年紀念祭が台湾・屏東縣竹田驛園で開かれた。
今年は設立八年。
残念ながら今回は欠席となった。

同窓会のように皆さんは楽しまれたとのこと・・・・ 来年は池上一郎博士の誕生日である1/16の予定だ。

2008年02月03日

●アセアンパス

Asean-Icon_AD-plane.gifVISIT ASEAN PASS という航空券がある。
何年か前に発売されたが、毎年更新されているチケットだ。2008年も引き続き売られている。

アセアン諸国内 (*1) の国際線および国内線 (*2)で使える周遊チケット。
 (*1) ブルネイ・カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシア・ミャンマー・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナム
 (*2) 但し、ミャンマー・ラオス・ベトナムの国内線は適用不可

下記航空会社のフライトを使って日本から周遊できるチケットだ。
ロイヤルブルネイ航空 (BI)  ラオス航空 (QV)  ガルーダインドネシア航空 (GA)  マレーシア航空 (MH)  シルクエアー (MI)  フィィリピン航空 (PR) シンガポール航空 (SQ)  タイ航空 (TG) ベトナム航空 (VN)  ミャンマー航空 (8M) 

日本-シンガポール-バンコク-ホーチミン-マニラ-日本 なんてルートも可能だ。 

周遊する区間によって価格は異なるが、概ね42,000円-75,000円くらいで廻れる。最長一ヶ月間であるが魅力的なチケットだ。

発券・問合せは各参加航空会社まで。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages