2005年10月30日

●自民党新憲法草案

b051030.jpg自由民主党の新憲法制定推進本部から「新憲法草案」が2005年10月28日に発表された。
環境、人権についても付加され、時代の大きなテーマを浮き彫りにしている。注目は第九条。
(左の写真は現憲法公布を知らせる官報)

-------------------------------
第2章 安全保障

(平和主義)
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

(自衛軍)
 第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮権者とする自衛軍を保持する。

 2 自衛軍は、前項の規定による任務を遂行するための活動を行うにつき、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

 3 自衛軍は、第一項の規定による任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び緊急事態における公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。

 4 前二項に定めるもののほか、自衛軍の組織及び統制に関する事項は、法律で定める。
-------------------------------

第九条の二として自衛について記載されたことは、主権国家として適切なものだろう。「自らの国を自らが守る」という国家の基本が明確になることは、素晴らしいこと。といっても、どこの国もそんなことは基本として認識していることだから、日本もやっと他国並みの考えになったということだ。

しかし、第九条そのものの「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使」の定義が明確になっていない。放棄の範囲を具体的に示していないのは論議の対象となるだろう。
いずれにしても「国家の自衛」を明記することは絶対条件だ。 どっかの政党がバカみたいに言っていた「非武装中立」なんてありえない。永世中立国のスイスでも自衛のための武装はしっかり保持しているのだ。

与えられた憲法から自らの憲法にしていくための第一歩。大いに議論して成立につなげていくべきだ。

膨大な憲法草案。現在の憲法と比較しながらじっくり読んでみたい。(徒桜さんが比較したエントリーをアップされました)

2005年10月23日

●富士山

0510fuji.jpg

雄大かつ美しい山「富士山」は、唱歌にあるよう日本一の山、日本最高峰の山である。静岡県、山梨県の両県の境に位置し、標高3,766m。
富士火山帯にあり、休火山であり、立山・白山と共に「日本三名山」の一つである。
冨士を写す方は多いし、四季にわたって様々な形と色合いを見せてくれる魅力タップリの山だ。東名高速道路富士川SAから見る冨士も素晴らしい。日本が誇る冨士である。

ふじの山(冨士山) 詩:巌谷小波

一、
  あたまを雲の上に出し、
  四方の山を見おろして、
  かみなりさまを下に聞く、
  富士は日本一の山。
二、
  青空高くそびえ立ち、
  からだに雪の着物着て、
  霞のすそを遠く曳く、
  富士は日本一の山。

2005年10月18日

●秋桜(コスモス)

0510cosmos.jpg

平塚市馬入の 光と風の花づつみ に10/15に行ってきた。相模(馬入)川沿いにあるが、約2haにわたって約50万本のコスモスが咲いている。光と風の花づつみには、芝桜、ポピー、ラベンダー、ローズマリー、なでしこ、あじさい、藤、コスモスなどがあり、一年中楽しめる場所だ。

「コスモス」を検索すると、実にいろいろなところに使われているのがわかる。社名の一部にも多く使われているのは、何となくしっくり落ち着いたイメージだからかもしれない。これがチューリップだと使われにくい。

コスモス街道を代表に結構見所は多い。もうピークは終ったが、長野県黒姫高原では50品種、100万本のコスモスが風にゆれている。
コスモス全般の花言葉は、乙女の真心・乙女の純潔・調和・美麗。花のイメージそのものかもしれない。道路の脇に咲くコスモスは、人を安らかな気持ちにさせてくれるものだ。


歌では、さだまさし作詞・作曲の「秋桜(コスモス)が名曲として、今も多くの老若男女に歌われている。

♪淡紅(うすべに)の秋桜(コスモス)が秋の日の
♪何気ない 陽溜(ひだま)りに揺れている
♪この頃 涙脆(なみだもろ)くなった母が 庭先でひとつ咳(せき)をする
♪縁側でアルバムを開いては 私の幼い日の思い出を
♪何度も同じ話 くりかえす 独り言みたいに 小さな声で
♪こんな小春日和の  穏やかな日は
♪あなたの優しさが  浸みて来る
♪明日(あした)嫁ぐ私に 苦労はしても
♪笑い話に時が変えるよ 心配いらないと笑った


0509higanbana.jpgコスモスと並んで、秋に咲く代表的な花である曼珠沙華の日本一の群生地は「巾着田」
埼玉県日高市の高麗川の蛇行で形成され、日和田山から見ると巾着に似ているのでこの名前になったそうだ。

見頃は9月中旬~下旬、例年曼珠沙華開花期間中だけで約30~35万人が訪れるそうだ。

やや遅れて10月上旬はコスモスの最盛期を迎える。