« おせち料理 | メイン | 日本地図 »

2007年01月07日

●七草粥

070107.jpg
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ・・・春の七種だ。

この七種の野菜を刻んで入れた七種粥()は、邪気を払い万病を除く占いとして平安時代から食べたそうだ。さらに御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。
実に理にかなった食の文化だ。

正月最初の子(ね)の日に野原に出て若菜を摘む風習があったらしい。
『枕草子』にも、「七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ……」とある。


このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバックURL (スパム防止のため、ブログオーナー承認後の表示となります)

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

美味しそう。。。お腹がすいてきちゃいました。
わたし、お粥大好きなんです。
時々、具合も悪くないのに、作ったりします。
お米の国、日本でよかった。。。

> chiemi さん 、病気の時のおかゆと健康時のおかゆは違いますね。
台湾の伝統的な朝食はおかゆ。油揚げみたいなものを入れたり、炒めたピーナッツなんかもおかずに食べるんです。
これがおいしいんです。
毎回、ホテルでも屋台でもおかゆです。

あっ、わたしも、、、
ベトナムでもマレーシアでも
お粥食べました。
炒めたピーナッツ、ありましたよ。
毎朝、食べていました。

> chiemi  さん、ピーナッツとお粥がくっつくのにはびっくりしたものです。
でも合うと思うのがアジア人のDNAなんでしょう。

コメントする

(コメントはスパムコメント防止のため、ブログオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)