« 雲見温泉から | メイン | かっぽれ »

2008年04月01日

●さくら

080401.jpg
日本の象徴「さくら」が満開である。
庶民によるお花見の風習は江戸時代に始まったようだ。徳川吉宗が桜を植えさせ、花見を奨励してからだといわれている。
当時の東京の花見の名所には愛宕山 (港区)。落語『長屋の花見』や『あたま山』が有名だ。

日本さくら名所100選お花見情報サイトで桜情報は完璧に入手できる。


このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバックURL (スパム防止のため、ブログオーナー承認後の表示となります)

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする

(コメントはスパムコメント防止のため、ブログオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)