2006年08月19日

●洒水の滝

%E6%B4%92%E6%B0%B4%E3%81%AE%E6%BB%9D1.jpg洒水の滝は「かながわ景勝50選」、「日本の滝百選」、に選ばれている名瀑である。

「洒水」=「しゃすい」の名は、密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指すという。
雄大なその姿は三段からなり、落差は一の滝は69m、二の滝は16m、三の滝は29mという豪快な滝で、古くから相模の国第一の滝とされ「新編相模国風土記稿」では「蛇水の滝」と記されている。

毎年、7月の第4日曜日におこなわれる「洒水の滝祭り」では、信者による水行、洒水太鼓、滝不動境内での火祭りが行なわれる。
火祭りの後御幣は無病息災の御利益があるといわれ、人々は競って持ち帰るそうだ。

2001年には神奈川県の「かながわ未来遺産100」に箒杉とともに選ばれた。


%E6%B4%92%E6%B0%B4%E3%81%AE%E6%BB%9D2.jpgまた、その水は「全国名水百選」にも選ばれている。

水を持ち帰り珈琲を入れたが、美味しくいただくことができた。

場所は、名高速道路大井松田インターから国道246号線御殿場方向山北町樋口橋交差点(看板有)左折、しばらく走ると看板があるので右折して1分。
なお、洒水の滝手前のところの駐車場は20台くらいのスペースしかないので、この角の駐車場に駐車したほうがいい。

しばしの涼しさに浸ることができた暑い夏のひと時だった 。

             

2006年02月25日

●曽我梅林

0602sogabairin.jpg

かながわの景勝50選にも入っている曽我梅林へ行ってきた。
曽我梅林は、JR曽我駅周辺の中河原・曽我原・別所 の梅林の総称。中河原地区が正面に冨士を見ることができ眺めがいい。

0602sogabairin2.jpgこの付近の地質は悪く、あまり地質を選ばない梅を植えたことが始まりとのこと。
今では約3万5千本が訪れる観光客を楽しませてくれる。
例年より一週間程度の遅れで、八分咲きといったところ。香りも漂い美しい梅だった。
(2006/2/25)


桃の花も咲き出している。

060226momo.jpg

             

2005年11月06日

●かながわの景勝50選

0511kanagawa.jpg神奈川県観光協会から「かながわの景勝50選」というのがまとめられている。
こうして眺めてみると、行ってないところばかりだということに気づく。つい遠出しようと考えてしまうが、たまには地元を見直してみることもいいかもしれない。
新たに行ってきたところをリンクさせて、少しずつエントリーを増やしていきたいと思う。何年かかるかわからないが・・・。

▼横浜・川崎地域
三溪園 山下公園といちょう並木 野島の夕映 外国人墓地周辺 東高根森林公園
▼三浦半島地域
観音崎 荒崎 大楠山の展望 秋谷の立石 塚山公園 披露山公園 神武寺と鷹取山 油壷湾
盗人狩 劔崎 城ケ島と大橋 長者ケ崎 森戸の夕照
▼湘南地域
湘南平と高麗山 稲村ケ崎 鎌倉十王岩の展望 江の島稚児ケ淵 光明寺裏山の展望
▼西さがみ地域 曽我梅林 小田原城 石垣山 足柄峠 大雄山最乗寺の並木 長尾峠 秋の仙石原高原 大涌谷 恩賜箱根公園 駒ヶ岳 大観山の展望 椿台 真鶴岬と三ツ石
▼丹沢・大山地域
弘法山 飯山観音 大山山頂 日向薬師 丹沢湖 洒水の滝 犬越路 八菅山と八菅神社 丹沢札掛のモミの原生林
▼奥さがみ地域
小倉橋周辺 城山 嵐山からの相模湖 陣馬山
▼県央地域
無量光寺