2006年05月04日

●プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選

kagaya_old.jpg明治39年 9月、12室30名収容の旅館からスタートした「加賀屋」(石川県七尾市和倉温泉)は、なんと連続26年間「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 」で、総合一位の座を継続している。
CS、顧客満足度を最優先にサービスを提供し続けてきたからこそ成し得たものだろう。
台湾前総統の李登輝氏は、2004年末の日本訪問時に泊まられとても気に入られたそうだ。宿泊をアレンジされたBLOG台湾生活のオーナーであるtokusanのレポートも参考になる。

日本の宿泊施設は伝統もあり、極めてサービスの質が高い。
なかなか素敵な宿に泊まることはないが、時にはゆったりと質のいいサービスを受けたいものだ。
ちなみに2005年総合ベスト10は以下の通りだ。

第1位 加賀屋 石川県/和倉温泉
第2位 稲取銀水荘 静岡県/稲取温泉
第3位 日本の宿古窯 山形県/かみのやま温泉
第4位 草津白根観光ホテル櫻井 群馬県/草津温泉
第5位 白玉の湯ホテル泉慶/華鳳 新潟県/月岡温泉
第6位 ホテル百万石 石川県/山代温泉
第7位 ホテル秀水園 鹿児島県/指宿温泉
第8位 水明館 岐阜県/下呂温泉
第9位 堂ケ島ニュー銀水 静岡県/堂ヶ島温泉
第10位 いなとり荘 静岡県/稲取温泉
(ちなみにブログオーナーはベスト10のどこにも泊まったことがない・・・・)

その他部門別にも発表されている。
もてなし部門 おもてなしや心配り、対応、案内、清潔さなど
料 理 部門 献立や配膳(出し方・下げ方)、器、味付け、質・量など
施 設 部門 設備や機能などハード面(客室、風呂、宴会場など)を重点に安全性と快適性など
企 画 部門 旅館の特徴づくりと総合演出、企画商品、商品開発など

たまには参考にして泊まってみたい・・・・・・。