殉職した6人の日本人教師

6teacher.jpg

六氏先生とは、明治28年(1895)、日本の台湾統治後にはじめて開校した学校である「芝山巌学堂(しざんがんがくどう)」に赴任し、暴徒に襲われて殉職した6人の日本人教師のことをいいます。
楫取(かとり)道明・関口長太郎・中島長吉・桂 金太郎・井原順之助・平井数馬(敬称略)

6park.jpg

日本が台湾で学校教育をはじめたのは明治28年7月。 台湾総督府開設から1か月も経たないという早さでした。 当時、文部省 学務部長心得であった伊沢修二は、初代の台湾総督の樺山資紀に、教育を最優先すべきと具申し、7人の志ある人材を連れて台湾にわたりました。 彼らは、台北市内、士林(しりん)の芝山巌(現在は芝山岩・芝山公園) に学校を開設し教育をはじめましたが、悲劇は、翌年1月1日、伊沢の一時帰国中(山田耕造を伴い台湾での教育従事者募集のため)に起こったのです。新年祝賀のため総督府に向かった6人の教師に、日本統治に反対する勢力が襲撃したのでした。

当時は、日本への割譲に反対する清朝残党がゲリラ活動を続けており、 台北奪回を目指す勢力が不穏な動きを続けていたことは以前から察知されていました。 それでも伊沢たちは学堂に泊まり込んで「身に寸鉄を帯ずして住民の群中に這入らねば、教育の仕事は出来ない。もし我々が国難に殉ずることがあれば、台湾子弟に日本国民としての精神を具体的に宣示できる」と、死をも覚悟して芝山巌での授業を続けていたのでした。

叛乱勢力が元旦を期して台北を攻撃するという。人々は学堂に残っていた6人の教員にこのことを告げて、避難することを勧めました。

しかし「死して余栄あり、実に死に甲斐あり」との覚悟を示して6人の先生たち意に介さなかったのです。6人は約 100名からなる勢力の襲撃を受けました。6人の教師はひるむことなく教育の重要さを必死に説いたのです。しかし、それに納得しない暴徒は教師達に襲いかかり、全員を惨殺してしまったのでした。

このような彼らの教育に対する情熱、精神は多くの人々に感銘を与え、その精神は芝山巌精神と称され人々の間に語り継がれるようになりました。 昭和5年には芝山巌神社が創建され、六氏先生をはじめとして、台湾教育に殉じた人々が、昭和8年までに330人祀られました。 そのうち、台湾人教育者は24人を数えました。 また、「六氏先生の歌」がつくられ、時の首相伊藤博文揮毫による「学務官僚遭難之碑」も建てられるなど、六氏先生の精神は台湾の学校教育の原点となっていったのでした。

6haka.jpg

ところが、大東亜戦争後、台湾に乗り込んできた国民党は、神社、石碑、日本人の墓を次々と破壊、「学務官僚遭難之碑」も倒され、そのまま野ざらしにされてしまいました。

しかし、李登輝政権の誕生、陳水扁台北市長の誕生と、一連の台湾民主化の動きが進む中で、六氏先生の精神を復権する動きも高まり、芝山巌学堂が開かれて満百年にあたる平成7年(1995)には、芝山巌学堂の後身である士林国民小学校で、日本からも多くの卒業生、遺族、教育関係者を迎え、開校百年記念祝賀式典が盛大に開かれました。 また、同年1月1日には、同小学校卒業生有志によって、「六氏先生の墓」が新たに建て直され、その後さらに「学務官僚遭難之碑」も再び建て直されたのでした。
新しい墓は日本式の簡素な墓である。墓標には六氏先生之墓とあり、氏名も業績を示す墓誌もありません。墓標の右側に「一八九六年卒」と没年を、 左側には建立者の名前として「一九九五年一月一日壱百周年紀念 士林国小校友会重修」と記されているだけです。

芝山巌事件を詳しく調べている陳絢暉氏は、その著書「非情古跡・芝山巌」を次のように結んでいます。
「仆(たお)れて後已(や)む」の芝山巌精神が永しえに台湾に根づくことが出来ますよう、地下の六氏先生にお頼み申し上げます。合掌。


【参考図書】
芝山巌事件の真相 篠原正巳 著  (2001年6月30日  和鳴会 発行)

6book.jpgいまから百余年前の明治29年元旦、台北北郊の芝山巌で日本人教師6人と小使1人が土匪に惨殺された「芝山巌事件」を何人の日本人がご存じだろうか。
日清講和条約で台湾の割譲を受けた日本は事件前年の6月に総督府を、7月には芝山巌恵済宮に国語塾「芝山巌学堂」を開校した。
この事件を機に芝山巌は"教育聖地"と讃えられたが、戦後台湾を支配した国民党政権下では"六氏先生"を悼む石碑すら長く野ざらしにされてきた。 それが李登輝前総統による台湾の自由化と民主化で日本統治時代を再評価、件の石碑も台湾人の手によって再建された。
本書は歴史的に風化しつつある芝山巌事件の真相と日台教育の絆を克明な調査で明らかにした貴重な1冊といえる。
発行=和鳴会(03-3674-0681) 価格=2500円(本体)

                [Contact] | [Home]



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-eda.net/mt/mt-tb.cgi/11

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。