台湾最大の穀倉地をつくった八田與一 大事業「嘉南用水路(嘉南大しゅう)」

wosanto_titlle.gif

八田與一は1886年、金沢市に生まれ、東大・土木工学を卒業後、24歳の時(1910年)に台湾総督府内務局土木課の技手としてつとめました。 当初は衛生工事を担当していましたが、28歳からは水利事業を担当、設計工事の責任者として桃園の水利事業以降は第一人者として技師として認められることになりました。 彼は、当時アジア一といわれた烏山頭ダムと1万6000キロにおよぶ灌漑用水路の建設(1920年着工10年を要した大規模土木事業)にあたり、人情味のある現場責任者として農民に慕われました。

「烏山頭は大きな工事であり困難も伴い時間もかかる。働く人たちが安心していい仕事ができるために家族が一緒じゃないといけない。」と八田與一は主張しました。そして工事が始まり、家族を含め2000人にもなるひとつの街ができました。工事関係の施設はもちろんのこと、家族も住める宿舎や共同浴場、商店や娯楽施設(テニスコートや広場)、さらに学校もできたのでした。

こうして嘉南平野はサトウキビすら育たなかったところでしたが、八田與一が建設したダムと1万6000キロにおよぶ網の目のような用水路のおかげで台湾最大の穀倉地に変わったのでした。

嘉南平原の隅々にまで潅漑用水が行きわたるのを見とどけてから、八田與一は家族とともに台北に移りました。 しかし。八田は太平洋戦争の最中の1942年、陸軍に徴用されてフィリピンに向かう途中、乗っていた船がアメリカの潜水艦に撃沈されて、この世を去りました。 (その遺骸は、操業中だった山口県の漁船によって、偶然網にかかり引き上げられた) 八田は56歳で亡くなるまでほぼ全生涯を台湾に住み、台湾のために尽くしました。 1945年、終戦で日本人は一人残らず台湾を去らなければならなくなりました。

 烏山wusanto_2.jpg 頭に疎開していた妻の外代樹(とよき)は、 他の疎開先 開先から戻ってきた子息と会った9月1日の深夜に、夫が心血を注いだ烏山頭ダムの放水口の身を投げて後を追いました。享年46歳でした。

そして昭和21年12月15日、嘉南の農民たちによって八田與一夫妻の墓が烏山頭ダムを見下ろすこの地に建てられました。wusanto_1.jpg
作業着姿の銅像とともにいまも農民たちの手で守られて、今でも毎年5月8日午後神榊のごとく幕っていた八田輿一のために現地の人々によって追悼式が行われています。
2001年現地の人々によって、放水口のすぐ近くにすばらしい「八田與一紀念室」が完成、2011年5月8日には技師たちの住居が復元され記念公園(月曜休園)がオープンし、烏山頭水庫入り口から公園に続く道路は「八田路」と改名されました。

詳細は[八田與一の生涯]烏山頭に咲く大輪の花「八田與一」<by martin nishida>をご参照ください。
wusanto_3.jpg


(紀念室には多くの写真と遺品や彼を描いた書籍等が展示されており常時案内の方もおられます)



wusanto_4.jpg


植民地について肯定するわけではありませんが、搾取ではないインフラづくり中心の政策は間違っていなかったと思います。なぜならば八田氏の貢献、他にもたくさんの功績を残した方々、日本の国費投入の実態、そのことに対する現地の方々の彼への今も残る心をみれば明らかです。

日本人の一部や周辺国の一部には植民地政策についてすべて悪と決め付け、さらに、なかったことまで宣伝されてきた戦後であるが、八田氏も含めて台湾を心から愛し尽くした先輩がいたことを私たちは忘れてはなりません。 日本人のプライドとして次代につなげていくべきだと思います。

              *     *     *

[行き方]
烏山頭へは台湾鉄道善化駅から大台南公車バスが一日5本、または新榮駅から新營客運バスで六甲国小(25分)までバスで行き下車後ノンビリ歩く(40分)方法もオススメです。
隆田駅または善化駅からはタクシーもあります (250-300NTD前後)。 水庫からのタクシーは電話で呼ぶことになります。

                [Contact] | [Home]


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-eda.net/mt/mt-tb.cgi/8

コメント(2)

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。